kato 10-031 E5系はやぶさ・E6系こまち 複線スターターセットを調べた件

katoから発売予定の複線スターターセット,きっと気になった人も多いと思います.
どう考えても高い!

メーカーの希望小売価格は\41700!!
税別でこの価格です.めちゃくちゃ高い.....


出典:ヨドバシカメラホームページ
katoホームページ

セット内容をkatoの公式ホームページから引っ張ってきたのでご覧ください.

・線路は大半径(R414/381mm)でコンクリート(PC)枕木、カント(傾斜)付が人気の複線線路を採用。(853mm×1597mm)
線路のセット構成:WS248PC×5、WS124PC×1、WS62PC×1、WS62FPC×1、WR414/381PCAL×2、WR414/381PCAR×2、WR414/381PC×6、リレーラー×1(ユニジョイナーはずし付)
・2台のパワーパックで内側・外側の2線路を別々にコントロール。2列車すれ違いが簡単に再現可能。 セットのパワーパックは長編成化にも対応する高出力(1.2A)の「パワーパックスタンダードSX」と「スターターセット専用ACアダプター」を採用。 複線ワイドアーチ架線柱が16本付属し、実車走行の演出を盛り上げます。 パッケージサイズをM1マスターセットと共通化(サイズ幅390mm×高さ355mm×奥行110mm)
・ クイックスタートガイド(説明書) 、プランバリエーションガイド付属

● E5系「はやぶさ」 基本セット(3両)
E523-2 + E525-102(M)+ E514-2(グランクラス)
特徴のある先頭部形状や、台車部も完全に覆ったスカート形状、大形のパンタグラフカバー、独特の色調の塗装(常盤グリーン/飛雲ホワイト)などを的確に再現
ヘッド/テールライト点灯

● E6系「こまち」基本セット(3両)
E611-6 + E628-6(M)+ E621-6
斬新なスタイルと、あかね色をメインにしたカラーリングや、車体側面のシンボルマークを鮮やかに再現。
ヘッド/テールライト点灯

レイアウトのサイズですが,

  • サイズは上記の通り853*1597
  • 直線区間はS248が3本分
  • 曲線線路はR414/381
  • 複線幅やカーブ半径はkato標のものに準拠

曲線線路R414/381はこのブログでも過去に紹介しましたが,結構半径が大きくスペースを食います.
関連記事はこちら↓↓

kato複線曲線線路414/381mm45°を使ってみる
kato 20-183 複線曲線線路 R315/282-45をレイアウトにぶち込んで苦労した話
ぶち込んで苦労した話 のほうに写真が載っていますが,R414/381をコンパネ1枚の上にのせてみてあります.みてわかるとおり,結構幅がギリギリです.
新幹線が走るならこれくらいのほうがカッコいいですね.しかしスペースを結構喰うのはやはり考えものです.
しかもかなり高価な商品のため,多くの人が購入を迷っていると思います.
発売されたらおそらくshigemonさんがレビューしてくださるので動画がでたらリンク張る予定です.SHIGEMONさんよろしくです.

調べたところ,現状では1番安いものでも\35000くらいです.やっぱり高いですのねぇ…..
高額なだけあって,しかも1つのセットに2つの編成が入っているというのもこの業界ではほとんど見ませんので,たくさんのレビューが出ることを期待しています.
見つけたレビューはリンクを載せていきますので,ぜひ参考にしてください.

この情報が少しでも皆さんの役に立ちますように!

それでは,今回はこの辺で~👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です