TOMIX キハ261-1000(旧塗装)入線~12両で11000円?!~

今回はまたまたオークションでいいものを見つけてしまったので思わず落札してしまいました.

では,詳細をどうぞ.

TOMIX キハ261-1000(旧塗装)

まずはメーカーホームページの記載から確認していきましょう!

キハ261-1000系は札幌~帯広間の特急「とかち」で使用されていたキハ183-0系の置き換え用に2006年に登場した特急用のディーゼルカーです。
同じキハ261でもスーパー宗谷で使用される0番代とは車体形状が異なります。
先頭車と中間車の2両ユニットと1両単位の中間車を合わせた5両編成が基本ですが、中間車が増結された6~8両編成も存在しています。現在は塗装が一新され,紫のラインと全面には黄色の塗装が施されています.

特徴

●「スーパーとかち」で活躍するキハ261-1000系を再現
●基本3両セットで中間車キハ260-1100に動力搭載
●トレインマークは「スーパーとかち」印刷済み
●先頭部にある「Tilt261」ロゴ、グリーンカーマーク印刷済み
●車番印刷済みで、増結セットに付属の転写シートを貼り重ねることで変更対応
●ヘッドライト、トレインマーク部分は共に白色LED採用により白色点灯
●フライホイール付動力搭載
●新集電システム、黒色車輪採用
●前頭部ダミーカプラー装備

tomix公式ホームページより一部抜粋

もちろん私も新塗装が欲しかったわけなんですが,なんせ安かったんすよ!新塗装で5両\14000ほどするのが,いろいろ実際にはない編成にはなっていたものの12両で\11000で落札できました.なんとお安いことでしょう.

内容は,キハ261-1000基本セット×1,キハ261-1000増結セット×3の合計12両ですが,増結セットのうちの1両が動力化されていました.フル編成で組むと2M10Tとなる豪華さです.(キハ261-1000は11両以上での運用がないのはナイショ)

1つの増結セットに1両ずつ入っているキハ260-1200は,本来基本セットに入っている先頭車両と組み合わせて2両で1ユニットとして運用されています.基本セット1つに対して必要な1200番台の数は1両.つまり増結セットが3セットも入っているので1200番台も3両入っていました.

しかし残念ながら実車に即すと1200番台は2両余ってしまいます.私はそこまで気にしないので,もう混ぜてしまって12両編成で走らせます!

 

なんと○○がついていた!?

ここで衝撃的なサプライズが.車両を取り出し各部をチェックしていると,車内の天井になにかがあるのです.そう,室内灯が取り付け済みだったのです!それも12両すべてにです.

TOMIX純正の室内灯ではなく,見たところtamtamの室内灯のようです.

 

入線

ではいよいよ線路に車両を乗せて実際に走行させてみましょう.当たりまえですが,12両ともなると非常に長いです.リレーラーを使っても線路に乗せるのだけで一苦労.

コントローラのボリュームをひねって電圧を上げていくと...

無事動いてくれました.オークションのページには新品同様と書いてありましたが,車輪も走行跡がほとんどみられず良好な状態でした.動力車も2両とも無事だったようです.しかし…

室内灯がチカチカしまくっているではありませんか!

かなりお得にキハ261-1000を入手できたので,今度はこの集電機構をなんとかしていきたいと思います.次回に続く👋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です